MENU

アルバイトでもお金は借りられる

アルバイトの人でもキャッシングは利用できます。どんな働き方であったとしても、安定的に収入を得ているのであれば審査を受ける資格があります。もうひとつの条件としては年齢がありますが、成人していて上は69歳以下であれば大丈夫です。

 

キャッシングの利用には必ず審査がありますので、仮に年齢や収入といった条件を満たしていたとしても必ず融資が受けられるとは限りません。

 

アルバイトの方におすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

審査では返済能力を判断する

もし友人や知人に必ず返すのでお金を貸してほしいと言われたら、本当にきちんと最期まで返済してくれるだろうかと思うでしょう。その友人が仕事もしていなかったり、お金の使い方が明らかに収入に合わない生活をしていたりすれば、貸したところで本当に返せるのだろうかと考えるかもしれません。

 

まして他の友人から以前にお金を借りた事があるけれども、返すことなくそのままになっているのであればなおさら返済なんてできないのではと考えるかもしれません。キャッシング会社は、どのような人間なのかがわからない顧客にお金を貸すわけですから、客観的事実から返済能力があるのかどうかを判断しなければなりません。

 

ですから、審査に通る条件というのはある程度の基準はもちろんありますが、様々な側面から総合的に見極める事になります。

 

審査で調べる事

消費者金融の審査は早くて30分ぐらいです。それほど短い時間内でどれだけの事を調べるのだろうかと疑問に思うかもしれませんが、長い経験と実績があるので様々な審査のノウハウを持っています。

 

まず、過去の膨大な利用データに基づいたコンピューターの自動審査システムを利用して、申し込み時に申告した個人の情報を即座に点数化して判断します。例えば職業も公務員などの安定職であれば高得点がつきますし、自営業者は低めになります。アルバイトの場合には正社員などよりはやはり得点が劣りますが、その他に問題がないのであれば特に心配するような事ではありません。

 

もうひとつ大事な事として、勤務先への在籍確認という工程があります。具体的にはオペレーターが実際に直接勤務先へ電話をする事になりますが、消費者金融の場合には業者名を名乗るのではなくて個人名で電話をかけますのでキャッシングの審査である事がわからないように気を配ってくれます。

 

銀行カードローン審査の場合には絶対に銀行名を名乗りますので、何かの融資の審査である事は言わなくても、会社側は察する可能性はあります。在籍確認は絶対に必要な事なので避けて通る事ができません。返済をしていくには収入がなければなりませんが、肝心の勤務先が虚偽の申告だったりすれば返済などできませんので、勤務実態の有無はとても重要です。

 

とはいっても、在籍確認の電話は意外とあっさりとしていて、「○○さんはいらっしゃいますか?」と尋ねてきてもしもいれば代わりますし、いなければ今日はいませんという内容の返事があればもうそれで在籍と判断されます。ですから、個人的な事をあれこれと同僚に尋ねるといった事ももちろんありませんし、審査である事も言いません。

 

アルバイトもコロコロ変わると不利になる

どんな融資でも勤務先にどれだけの期間勤めているのかどうかというのはとても重要なポイントです。この先返済をしていってもらうにあたり、一か所の職場に安定して勤務してきた人であれば、その後も勤務し続けるだろうという事を期待できるからです。

 

これがもし、勤務してまだ日が浅かったり、コロコロと転職を繰り返していたりすると、収入自体が安定しませんので、いつ返済ができなくなってしまうかわからないといった印象になるでしょう。それはアルバイトでも同様に言える事で、同じアルバイト先に長く勤務している事は好印象を与えますし、たとえその額が少なくても毎月一定以上の収入があるのならば、それに応じた限度額で利用すれば大丈夫と判断されるでしょう。

 

また勤務先が大手企業など、社会的信用がある会社であればそれも信用になります。消費者金融であれば、学生でも社会人と同じように融資を受ける事ができますが、銀行などの場合には親権者の同意が必要になる場合もありますので利用の前には条件をよく確認しましょう。

フリーターでもお金を借りる事はできるの?

キャッシングを利用してお金を借りたいと思っても、フリータであれば利用できないわけは明確です。キャッシングサービスは、【決められている限度額内での借り入れ】【定期的に返済を確実に行う】と言う事が原則です。

 

フリーターと言ってもアルバイトやパートのように、収入現がある場合には、定期的な返済が可能であり、返済能力はがるものと判断されます。そして、収入が無く働いていない、収入減がないというフリーターに対して、融資を行いたいと判断する会社はほぼありません。

 

借りたら返すという基本原則で、守れるかどうか?が最も重要視される条件となります。借りたまま返済ない、利息の額が増えて返済できないという状況は会社としては避けなければならない事例です。キャッシング会社も返済能力がある利用者を選んでいます。

 

収入があれば借りられる?

キャッシングを利用する際に最も重要なのは、収入があるか?と言う点です。不安定な収入であったとしても、無職、無収入でなければ審査通過できる会社も存在しています。

 

キャッシングで借りたお金をしっかり返済する、という意志がポイントで返済見込みが判断基準となっています。キャッシング会社によっても審査基準は異なりますが、多くの会社が下記のとおりを基準としています。

 

  1. 年収
  2. 住所
  3. 希望する融資額
  4. 職場の在籍確認
  5. 他の会社、過去のトラブルなど

 

これらの審査基準をキャッシング会社はチェックしています。この基準を満たしていればキャッシング利用が可能となっています。現在の住所では自宅の電話番号などの確認があります。

 

その際に、携帯やスマホの番号を書くよりも、固定電話の方が印象が良いとされています。携帯やスマホは簡単に解約ができるなど、信用の面でも違います。また、クレジットカードの利用履歴や、携帯電話の割賦金などがしっかりと支払われているのか、遅延は発生していないのか?と言う点も重要です。

 

銀行での借り入れの場合は、総量規制の対象外です。収入が無い人へも貸し付けが出来る事になっていますが、キャッシング会社よりも審査基準が厳しくなっていますので、通る事は少ないです。また、過去のお金に関わる履歴で、他会社でのトラブルが無いかどうかも判断されていて、借り入れる額が少ない時は審査が通る場合もあります。

 

まとめ
  • フリーターでも、働いて収入がある人は、返済能力があると判断されかりいれができる。
  • 銀行での借り入れは総量規制対象外

ただし、審査はキャッシング会社よりも厳しい収入が企業の指定する基準に届かない場合には困難で、お金を借りる前に働いて収入を得る事が最優先です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴