MENU

雇用形態の属性別にキャッシング利用が可能かどうか解説

外国人がキャッシングしようとすると、かなりの難しさがあるという事実は確実にあります。しかし、日本に近親者がいたり、保証人、担保をしっかりすれば、外国人であっても借入ができる場合があります。外国人の方がキャッシングをするには日本語必須という場合が多いので注意してください。外国人でも日本在住であればキャッシングが可能なのですが、日本人がキャッシングするよりも大変になることは間違いありません。外国人がキ...

20歳以上でアルバイトの収入があれば、学生でもキャッシングを利用することができます。学生だから親の了承が必要といったことはありません。普通に、申し込み手続きを行うだけです!学費や就活のためのスーツを購入する費用など、アルバイトをしてもお金が足りない学生はたくさんいます。毎月一定のアルバイト収入があれば、キャッシングをして、就活に挑むことができますね!キャッシングの審査では、属性などの情報を元に審査...

キャッシングは条件さえ満たせば誰にでも利用できます。自営業の人でも一般のフリーローンのキャッシングを利用することがもちろん可能ですが、これは個人向けのサービスなので、キャッシングにおける総量規制という、年収の1/3を超える借り入れはできないという規定が適用されます。自営業の人にとっては、これでは運転資金としては物足りなくなってしまうこともあると思います。例えば年収が500万円の場合、200万円の借...

アルバイトやパートでも一定した収入があれば、キャッシングを利用することができます。限度額は低くなりますが、いざという時のためにキャッシングが利用できる状態を用意しておきませんか?キャッシングは、金利が高いといっても、借り過ぎないように総量規制もありますので、年収に見合った分しか借入ができませんので、無理な借入をして多重債務に陥る心配がありません。審査の基準職業雇用形態年収勤続年数特に勤続年数は重要...

働いていない専業主婦でも、カードローンを申し込む方法があります。キャッシング会社では、一定の収入があることが必須条件となりますので、専業主婦は申し込むことができませんが、銀行カードローンなら可能となります。まず、銀行では配偶者の同意をえることができれば、借り入れができるカードローンがあります。限度額は低くなりますが、配偶者の理解を得ることで堂々と借り入れができるようになります。でも、できれば配偶者...