MENU

自営業の人向けのビジネスローンがあります

キャッシングは条件さえ満たせば誰にでも利用できます。自営業の人でも一般のフリーローンのキャッシングを利用することがもちろん可能ですが、これは個人向けのサービスなので、キャッシングにおける総量規制という、年収の1/3を超える借り入れはできないという規定が適用されます。

 

自営業の人にとっては、これでは運転資金としては物足りなくなってしまうこともあると思います。例えば年収が500万円の場合、200万円の借り入れはできません。限度額として、約166万円までになります。これでは事業を経営する資金としては、些か物足りないと思います。ですが個人向けのキャッシングサービスではこれが限界です。個人で事業を行っている人には、専用の融資サービスがあります。それがビジネスローンです。

 

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、個人事業者向けの融資サービスです。自営業の人や中小企業の経営者を対象にしています。個人で経営しているラーメン店や理髪店などの小規模のお店の経営者も対象になります。事業を経営している場合、まず銀行からの融資を受けることを考えると思います。

 

ですが銀行は申し込みをしてから実際に融資されるまでにかなり時間が掛かることが多く、また審査も厳しく行われますので、散々待たされた結果、結局融資は下りなかったということも少なくありません。商売をしている人にとって、運転資金の確保は最も重要だと思います。肝心の日までに融資が間に合わないようなことがあると、場合によっては事業自体に深刻な影響が出てしまうことも考えられます。

 

このような自営業の人や中小企業の経営者にとって、消費者金融のビジネスローンは大変便利な融資サービスだといえます。銀行とは違い、申し込み内容によっては即日に融資が決定することも珍しくありません。また審査に掛かる時間も銀行と比べて格段に短く、審査基準自体も比較的緩いので、銀行で同じ内容の融資が通らなかったような場合でも融資を受けられる可能性があります。

 

またこのビジネスローンは個人向けのキャッシングサービスとは違い、キャッシングにおける総量規制の対象外の融資サービスです。年収の1/3までという限度額がありません。事業計画書や収支報告書などをきちんと提出することで、300万円や500万円といった高額の融資を受けることが可能です。金利もこのような使用目的が決まったローンでは、一般のキャッシングサービスより優遇されます。

 

目的別ローンの利用も考えましょう

一般のフリーローンのキャッシングサービスも便利ですが、このビジネスローンのように、目的が明確なローンは総量規制の対象外になっています。また金利面でも、フリーローンより低く設定されるケースがほとんどです。融資額が比較的高額になるので、金利が優遇されることになります。

 

目的別ローンにはこのビジネスローンの他に、車を購入する際のカーローンや結婚資金とするブライダルローンなど各種の目的に合わせた融資サービスが用意されています。少額しか必要が場合はフリーローンのキャッシングの方が申し込みも利用も気軽にできますが、使用目的が明確で高額の融資が必要な場合は目的別ローンの利用も考えてみましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日