MENU

ブラックリストに載っても心配しないで

金融機関からの借金には、利息を加えて返済しなければなりません。返済期間が長くなればなるほど、負担すべき利息総額は大きくなってしまいます。その為、元本だけなら返せるはずの金額でも、利息が膨らんで返済が追い付かなくなってしまうケースも珍しくありません。

 

自身の収入だけで返済が出来なくなってしまうと、つい返済の為に他社から新たな借金をしてしまう方もいます。しかしこれは多重債務の始まりに他なりません。最終的に新規で融資をしてくれるキャッシング会社もなくなり、ついには闇金に手を出してしまうことになる可能性も否定出来なくなってしまうのです。そうしたトラブルを避ける為に、返済が苦しくなってきたら早めに債務整理を行うことをお勧めします。

 

債務整理をするとブラックリストに載るの?

債務整理は債務者救済の為に認められている正式な手段です。しかし、キャッシング会社にとっては契約違反である事に変わりないのもまた事実です。その為、借金返済の負担を軽減することが出来るというメリットに対し、キャッシング等の利用履歴が記録される信用情報の中にブラック情報が記録されてしまうというデメリットも発生してしまいます。

 

ブラック情報というのは、金融商品の利用に伴う事故情報を指します。ブラック情報が記録されている状態のことを一般的にブラックリストと言い、以後の金融商品の利用の妨げになってしまうのです。ブラックリストに載ると新規のローンの利用はもちろん、クレジットカードの新規発行も難しくなります。つまり、全ての支払いを現金で行わなければならなくなってしまうというわけです。

 

債務整理を行った場合、ブラックリストに載ることは避けられません。債務整理によって借金の返済負担を軽減させることが出来ますが、同時に相応のペナルティも課せられるということをきちんと肝に銘じておきましょう。

 

ブラックリストは数年で解消される

一度ブラックリストに載ってしまうと、永久的にローンやクレジットカードが利用できなくなってしまうわけではありません。信用情報に記録されたブラック情報が消滅すれば、再び以前のようにローンやクレジットカードの利用が可能になります。

 

信用情報機関に記録される信用情報は、数年間で抹消される仕組みになっています。債務整理によるブラック情報の場合、だいたい5年から7年程度で情報が抹消されると言われています。しかし明確に情報の保管年数が公表されているわけではないので、注意が必要です。また、行った債務整理の内容によっても情報が残される期間に違いがあることも覚えておきましょう。

 

債務整理の手段は、任意整理・個人再生・自己破産の3種類です。任意整理と個人再生は、返済額を小さくして完済を目指す手段となっています。自己破産は、自身の財産を手放すことで借金の返済義務そのものをなくす手段です。任意整理と個人再生に比べ、自己破産の情報は保管期間が長いと言われています。

 

中には10年ほどブラック情報が記録されるケースもあると言われているので、自己破産をした場合は、次のローンやクレジットカードの申し込みは充分な期間を空けてから行うようにしましょう。しかし、信用情報で記録される情報の保管期間はきっちり何年と決まっているわけではありません。

 

情報が抹消されるまでには若干のタイムラグが生じる場合もあり得ます。また、全ての方が債務整理をした年月日を正確に覚えていられるとも限りません。その為、本人はもうブラックリストが解消されていると思っていても、実際にはまだ事故情報が残されている場合もあるというわけです。

 

信用情報機関に記録されている信用情報は、正式な手続きを行うことで開示してもらえるようになっています。債務整理を行った後に再び金融商品を利用したい場合は、申し込み前に信用情報を確認し、ブラックリストが消滅していることを確認しておくと安心です。

 

間違ってもブラック情報が残されている状態のまま、「ブラックOK」の怪しげな金融機関に手を出してはいけません。こうした金融機関はほとんどが闇金ですので、浅はかに手を出してしまうと、今度こそ身の破滅に繋がってしまうかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日