MENU

支払督促申立書が届いたら、無視をしないで異議申し立てを

キャッシングは、銀行やキャッシング会社からお金を借りるサービスです。あくまでお金を“借りている”わけですから、その分は必ず返すのが義務です。けれども、キャッシング利用時と生活状況が変わり、返したくても返済が困難という人がいます。一方で、全く返す気がない悪質な人もいます。

 

いずれの人も、決められた期日までに返済がない場合、キャッシング会社は督促状を送ったり催促の電話をかけたりといった対策を講じます。これらの連絡を受けて返済をすれば、とりあえずは一件落着です。しかし、督促状や催促の電話を受けたにもかかわらず、全くなんのアクションを起こさない人もいます。

 

このような人たちへは、キャッシング会社では対応せず、債権回収会社やサービサーと呼ばれる人たちが対応するようになります。債権回収会社やサービサーは、債権回収のプロフェッショナルの人たちです。当然、厳しい取り立てを強いてきます。

 

債権回収会社やサービサーが取り立ての代行を担うと、まず債権者へ支払督促申立書を送ります。支払督促申立書とは、「未払いとなっている借金を、○日までに一括で返済してください。これに従えない場合、財産の差押えをします。」…という内容のことがきちんと書かれた書状のことです。裁判所が発行する正式な文書で、法的な効力もあります。

 

この支払督促申立書を無視すると、“一括返済に同意した”と見なされます。その後、決められた期日までに返済をしないと、財産が差押さえられてしまいます。一括返済が困難など支払督促申立書に同意できない場合は、異議申し立てをしましょう。

 

異議申し立ては、和解への手立てである

支払督促申立書への異議申し立てをした後、何が始まるのか?ほとんどの場合、裁判所で和解へ向けての話合いが行われます。支払督促申立書を受取った人の多くは、申立書の内容通りに返済することが困難な人です。そのため、この場では返済額の減額やその返済のための期間についての話合いをします。債権者とキャッシング会社の両者が納得するところで決着、和解となります。

 

裁判所での話合いと聞くと、なかなか決着がつかずに、和解内容も債権者に厳しいものが突きつけられそうなイメージがあるかもしれません。しかしそれはイメージであって、実際のところは債権者にとって好条件で和解が成立するケースが多いようです。

 

例えば、和解交渉の話合いと同時進行で、個人再生の手続きもするとします。個人再生とは、債務整理のひとつの方法です。3〜5年の間で、現在抱えている債務の1/5分を完済します。決められた期間内にその1/5分をきちんと完済できれば、残りの4/5分の債務を返済する必要がなくなる…というものです。

 

具体的な数字で言うと、現在500万円の借金があるとします。個人再生を適応させると、債務が100万円になります。この100万円を3年間で完済すれば、残りの400万円の返済はしなくてよいということになります。3年間で100万円なので、1年あたり約33万円、1ヶ月あたり約3万円の返済という計算になります。〈1月約3万円ならば、返済できるだろう…〉という人も多いようです。

 

和解が成立した後は、話合いで決まった内容をきちんと守って、まじめに返済をすることが大切です。決められたことが守れないと、もし次に同じような事態になったときに好条件で和解をすることができなくなるからです。最悪の場合、自己破産をすることになりかねません。

 

現状の生活と向き合い、改善する努力が必要

支払督促申立書が届くような人は、生活環境が整っていない人が多いようです。キャッシング会社との和解交渉や債務整理をしながら、生活環境を改める必要もあります。その方法はいくつか考えられますが、まずは国が行っている「生活福祉資金」という生活費の融資制度を活用するのが有効かと思います。

 

生活福祉資金は、ひとり暮らし世帯の場合1月あたり15万円。家族持ち世帯の場合だと20万円の融資が受けられます。国が行っている融資のため、民間の同じようなものより低金利で、生活への負担も最小限で融資が受けられ思います。

 

他にも、シングルマザー向けの「母子福祉資金」や「年金担保貸付制度」といった制度もあります。病気などで働くことが困難な場合は、生活保護の申請を検討する必要もあるでしょう。なんにせよ、生活環境が整わなければ、借金問題も解決しないと思います。現状の生活と真正面から向き合い、改善する努力が必要だと思います。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日